www.accordwebdesign.com

ナビゲーション: トップ > 亜鉛による体への影響

亜鉛による体への影響

最近になり男性に亜鉛が効果的と話題になり注目されていますよね。

では、必須ミネラルである亜鉛にはどのような働きがあるのでしょうか?

亜鉛に味覚を正常に保つ働きがあることは知られていますが、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素でもあります。

主に骨や肝臓、腎臓、筋肉に存在しており、新陳代謝に必要な反応に関係する多種類の酵素を作る成分になるほか、タンパク質の合成や遺伝子情報を伝えるDNA転写に関わっている栄養素です。

そのため、亜鉛は細胞の生まれかわりが活発なところで必要とされているのです。

そして、亜鉛不足による主な症状は味覚障害です。

味を感じる"味らい"と呼ばれる器官の細胞があり、それは新陳代謝が活発のため亜鉛が不足すると細胞の生まれ変わりに悪影響を及ぼすため味覚の低下が起こってしまうのです。

現代人は時間に追われて生活している方が多く、レトルト食品などの加工食品の多用、ダイエットで食事量が少ない状態が続いたりなどで慢性的な亜鉛不足であると言われています。

この亜鉛は性別に関係なく意識して摂って欲しい成分と言えるでしょう。

亜鉛を摂取することでこの他にもさまざまな効果が得られることが分かっています。

今注目度NO.1の亜鉛についての詳しい情報はコチラ