www.accordwebdesign.com

ナビゲーション: トップ > 健康食品とサプリメント

健康食品とサプリメント

今では日本でも一般的になった健康食品やサプリメント。

日本では健康食品とサプリメントを同じ扱いをするケースが多いようですが、アメリカでは、「日本の健康食品」と「サプリメント」は同じレベルのものではないようですね。

サプリメントの品質や信頼性が大きくこのなっていることが理由として挙げられます。

アメリカでは1970年代後半から、「食生活を改善すべき」という結論が出されて以降、医療に頼り過ぎない"予防医学"が発達していきました。そのような背景がありサプリメントが日常的に用いられることになったのです。

さらに日本のような保険制度が整っていない社会背景もサプリメントが普及した要因のひとつといえます。アメリカでは病気にならないために健康状態にある時から継続して摂るべきものという考え方を持っています。しかし、日本では一般的に病気になりそうな時や体調が悪い時にだけ摂ればよいという考え方のようです。

健康食品とサプリメントの違うという概念はサプリメントの質の違いからもきているといわれています。アメリカでは品質と価格において消費者の厳しい要求を満たす必要があるので日本ではありえないほど高品質にもかかわらず低価格であるとされています。

これらを踏まえると本来であれば健康食品とサプリメントは違うということが分かると思います。